HOLM230 > 府中展示館TOP > 家具の選び方

家具の選び方

素敵なロングライフを叶える! 家具の選び方

まずは!「理想の生活&空間」をイメージしてください。

想像してください。家具に触れない一日ってありますか? ないですよね?
そうです。家具は快適な生活を彩ってくれるとても大切なもの。
素敵なロングライフを叶えるのは、永く使える家具といっても過言ではありません。
だから理想の生活&空間をイメージすることはとても重要です。
それに合わせて家具のサイズやテイストを選んでいけば、
居心地のよいロングライフ空間が出来上がります。

寝室ダイニングリビングお部屋を広くする収納家具

一日の疲れをいやす寝室スペース

ここでは寝室の基本となるベッド選びのポイントをご紹介します。
ベッドは、身体の疲労を回復させる大切な家具。
身体に合わないベッドだと逆に疲労を蓄積してしまいますよ。

ストレスにならないベッドサイズを!

一般的に、狭いと感じさせない大きさの目安は肩幅に
30cmを足した幅と言われています。
左右に15cm以上のゆとりがあるサイズが理想。
このゆとりが、快適な眠りを実現するポイントです。

お店に訪れて実際にベッドに横になって、確かめるのが一番です。

質の良い睡眠を約束するマットレス選び!

立った姿勢でそのまま横になった状態が、負担のかからない理想的な寝姿勢と言われます。つまり、その寝姿勢を実現できるマットレスが、質の良い睡眠を実現するマットレスということです。

お店に訪れて実際にベッドに横になって、確かめるのが一番です。

楽しい食事を演出するダイニングスペース

ダイニングスペースは、家族構成やライフスタイル、
好み、広さなどの条件によってまちまちです。
そうしたさまざまな要因を明確に把握することで、
納得のダイニングセットが見つかります。

座り心地は食事をおいしくする!

ゆっくり食事を楽しむためには座り心地も重要。
テーブルの高さとチェアの座面の高さの差が、
25~30cmになるのが理想です。
また、立ったり座ったりよく動かすので、重さや持ちやすさも確認してください。

試すときには、必ず靴を脱いでから! 実際の食事の時は靴は履いてないはずです。

ひとり分のスペース、幅70cmは確保!

平均してひとりの人が使う食卓の面積は、幅約70cm、奥行き40cmぐらいが標準と言われています。この寸法を基準にして2人用、4人用、6人用などと食卓の大きさや形を決めるのがオススメです。

将来家族が増える予定がある場合はそれを見越してお選びください。

ホッとするくつろぎを演出するリビングスペース

リビングスペースはくつろぎの場であり、お客様をお迎えする場所。
さまざまな用途に使われる空間は、家族にとっても、お客様にとっても、
居心地の良い空間を演出しましょう。

さまざまなことを想定して見えてくる家具!

リビングは家庭のライフスタイルがもっとも反映される場所。
実際の暮らしを想定することで、ソファ、TVボード、など
必要な家具が見えてくるはずです。
そして、全体のバランスを考えトータルコーディネートを楽しみましょう。

見栄えが良いように、またお客様をお迎えする気持ちを込めて、品質の良いものを選ぶことも大切です。

テイストの統一が落ち着きををもたらす!

家具にはシック、カジュアル、ポップ、モダン、スタイリッシュ、アジアンなどさまざまなテイストがあります。その中から、ソファ、TVボードなどテイストを揃えることによって統一感のある落ち着く空間を演出します。

リビング小物などを他テイストにすることで、 お部屋のアクセントになるでしょう。

お部屋を広くする収納家具

画像01

写真はスーツにシャツにボトムのセットが4着。Tシャツやポロ、カットソーなどが80枚。ジーパン6本に、コート、ブルゾン類が10着。帽子4個にバッグ、カバンが6個。マフラー、ストールは4枚。男性、女性の協力で集めた衣類がこれです。

画像02収納家具がない状態では6畳の部屋もこの状態に。

↓

画像03

ワードローブとチェストがあれば写真01の衣類もスッキリ収納完了。まさに、物置が使えるお部屋になった例。しかも、左のチェストの1段と3段はカラッポの状態です。まだまだ入る驚きの収納力です。

画像04

すべて収納できたことで、ベッドが置けて寝室にもなりました。タンスを置くとかえって広くなったように感じますよ。

ページTOPへ戻る